観光資源のダイビングッスポットの一つ「運瀬」の紹介

沖縄の観光資源の一つの「運瀬」と呼ばれるダイビングスポットがあります。

このスポットというのは、渡嘉敷島の東に位置しているところで、その場所というのが海面から飛び出している岩を指して「運瀬」といっているところなのです。

 

このスポットというのは、とにかく流れが急になっているところでもあるので、ダイビング経験者でも上級の技術を要するところでもあり、

初心者では無理なところでもあります。そんな流れの急な「運瀬」と呼ばれているこの辺りでは、小さい魚が多くのプランクトンが流れてくることによって運ばれてくるところでもあるので、

 

たくさんの魚が集まってくるところでもあり、それらの小さい魚を追って大型の回遊魚などもやってきたりするところでもあるのです。

そのために、普段では近くで見ることの出来ないこれらの回遊魚を、目の当たりにできることで、一種の沖縄の雄大な自然の資源を観光することが出来るダイビングスポットの一つになっているのです。このような場所というのは、先にも書いたとおりにダイビングの経験が相当必要なこともあって、なかなか沖縄観光のために、見ることの出来ないところでもあるので、

腕を磨いてこのような場所にいけるようになると、いろいろな沖縄の海の中の自然を見ることが出来るようになったりできるのです。