ダイビングや観光で人気の沖縄

沖縄県は東シナ海と太平洋(フィリピン海)にある363の島からなる県で、県庁所在地は、沖縄本島の那覇市です。

 

気候は大部分の地域で亜熱帯に属し、宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島などでは最寒月平均気温が18°C以上の熱帯に属しています。

 

明治時代までは、薩摩藩を通じた日本の影響と中国大陸にある国家の冊封を受けた「両属」の国家体系を採る琉球王国であったため、

他の都道府県とは異なる文化・習俗が根付いています。太平洋戦争の末にアメリカ軍が占領し、1972年まで米軍の施政権下に置かれていました。現在の沖縄の主な産業として伝統・歴史・自然を生かした観光業が挙げられます。沖縄本島のリゾートホテル付設や公営の海水浴場の多くは、人工海浜です。本土よりもひと足早く3月〜4月にかけて各ビーチで海開きが行われます。

 

美しい海での観光やレジャーを旅行の目的とする観光客が多く、海水浴をはじめ、ダイビングやシュノーケル、マリンスポーツやトロピカルフィッシングといった、沖縄ならではのマリンレジャーが人気です。ダイビングは特に人気で、ライセンスをを取得していなくても、インストラクターの引率で、水中の世界を楽しむことができる体験ダイビングもあります。